FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

個人賠償責任

2011/12/06
たまには保険屋さんらしいことを

最近、自転車人口の増加でそれに関連する保険がとても注目されてます。
以前は自転車総合保険があったんですが、採算あわなくて販売停止になっています。
それだけ自転車にまつわる事故が多いってことですね。
現在は、傷害保険を「交通事故のみ」に限定し、相手方のケガや物の損害に対する
賠償補償する特約をつけて自転車に向いてる保険として販売されているようです。
ものは言いようですね、ようは以前からある交通傷害保険です。

自転車に乗ってらっしゃる方は、当然保険には加入されていると思います。
自分のケガ、相手のケガや物の補償、自転車の盗難などありますが、
今回は、相手のケガや物の補償に着目します。

これに対応するのが「個人賠償責任」。
以前は、単独で加入する「個人賠償責任保険」がありましたが、
現在は自動車保険、火災保険、傷害保険などに「個人賠償責任特約」として
付帯することでカバーしています。

ここでポイント!!!

補償額は1億円
示談交渉サービス付


この特約、とても保険料が安いんです。
1億円の補償の保険料が年間1000円ほど。
自転車事故で5000万以上の賠償ということも。
けちらず1億円!!

対人・対物賠償といえば自動車保険が馴染みがあるので
誤解されるのが、示談交渉。
自動車保険って、事故報告をしたら解決までを保険会社が対応してくれます。
(例外もありますが、今回それは置いときましょう。)
事故以降、相手方と直接接触しないまま解決することも。

ところが、個人賠償責任特約は「示談交渉サービス」が付いてないと
自分で被害者と交渉しなければならないんです。
または交渉してくれる人(弁護士とか)を自分で探さなければなりません。
<こちらのサイトをご参照ください>

保険会社も相談にはのってくれますが、所詮「相談」レベルです。
それ以上をすることは違法行為になってしまうからです。
示談交渉ってかなり大変です、ホントに。
弁護士探すのも一苦労ですよ。
「うちには顧問弁護士がおりますので心配ございませんのよ~
なーんて方は日本にはまだまだ少ないはず。
このサービスが有るのと無いのとでは雲泥の差が出ます。

「示談交渉・訴訟費用補償」というのはかかった費用を払いますというもの。
間違えやすのでご注意ください。


今一度、ご自身の保険を確認してくださいね。
スポンサーサイト
16:18 自転車のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは
私もクルマの保険の特約に入っていますが
詳細は、ほとんど知りません。
病気と同じで事故も自分だけは大丈夫と言う考えが
どこかにあるのでしょうね。
一度、保険会社に聞いてみます。
タカやんさん、こんにちは
車に付けてるならおそらく大丈夫ですが、
是非確認してくださいね。
イザという時使えなかったり使い勝手が悪くては、
余計なストレスになってしまいます。

お互いに、無事故でいつまでも自転車生活楽しみたいですねv-410

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。