FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

小豆島一周サイクリング ~3/19(2日目)~

2012/03/22
2日目♪
今日も元気に5:40起床。
6:30から朝ごはんをいただき、7:30チェックアウト。
マルセさん、お世話になりました
P3190417 (350x263)


まずは大深山をくるり一周12㌔から。
小豆島マップ3 (350x258)

平日なのでたくさんの自転車通学の高校生とすれ違いました。
通学用のママチャリで軽々と坂道を上っていく姿がまぶしかったです

今日はいい天気
昨日は海の色が違います。
P3190418 (500x375)

向こうに見えるのは瀬戸大橋でしょうか。
P3190419 (500x375)


くるりと戻ってきて発見
P3190425 (500x375)

こんなのも発見
P3190430 (500x375)

水産庁の白鷺です。
帰って調べたところ、瀬戸内海及び四国周辺太平洋海域の我が国漁船の指導取締を行うことを
目的とする漁業取締船なのだとか。
お仕事お疲れ様です
P3190435 (500x375)

ここから大坂城残石記念公園まで15㌔、一気に走ります♪
P3190436 (375x500)

景色がいいのでちょこちょこ止まって記念写真。
P3190441 (500x375)

気持ちよくってテンションも
P3190438 (375x500) (150x200)

10時前に大坂城残石記念公園に着きました。
P3190443 (375x500)

ここでちょっとトイレ休憩です
というのも、島の北側は観光名所がないのでトイレが少ないんです。
もちろんコンビニなんてありません。
行ける時に行っとかなきゃ!

大部港ではマルセさんでお土産に頂いたパンとカフェオーレでおやつ休憩しました。
これを素泊まりの方を含めて全員が1人1セットもらえるんです。すごいでしょ?
マルセさん、本当にありがとうございます!
P3190445 (350x263)

大坂城残石記念公園があるように小豆島の山は石でごつごつしています。
島の北側のいたるところで山が掘られていました。
あるところでは山が半分なくなっていました。
人の手でここまで地形が変えてしまっていると少し怖く感じてしまいました。
P3190448 (500x375)

ここから最後の峠「藤崎」です。
ここを越えたら福田港はすぐそこ。
P3190451 (500x375)

P3190453 (500x375)

P3190454 (500x375)

12時、無事に福田港に帰ってきました
13:15のフェリーまでの時間、お土産を選んだりして体を休めました。
ベンチに座っていると乗り場のおじさんが、
「昨日来てたなぁ?自転車でまわったんか?ほーっ!!すごいな。足痛いやろ。」
と声をかけてくれました。
褒められたみたいで、とってもうれしかったです
乗り場にあった地図も「まわったんだー」と思うと感慨深いですね。
(一部ショートカットはお許しをw)
P3190455 (500x375)

時間どおりに出港です
P3190458 (350x263)

楽しかった!ありがとう小豆島~!!

P3190460 (350x263)

港で買ったできたて穴子弁当でお昼ごはん。
P3190456 (350x263)

マルセさんから「帰りの船でどうぞ」といただいた小豆島のお醤油せんべい。
ぼんち揚げのようなおせんべいでおいしかったです。
どこまで至れりつくせりなんでしょうか。
P3190459 (350x263)

15:59姫路発「ひかり」で帰りました。
P3190466 (350x263)

本日の走行距離:65㌔

こんな感じで一周しました☆
小豆島マップ4 (500x407)
スポンサーサイト
16:15 旅日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
いいなぁ!
たのしい自転車の旅でしたね!行った気分を味わわせていただきました。

1日目はあいにくのお天気でしたが、2日目は晴れてよかったですね。

私も行きたいです!やっば輪行マスターしなきゃ。
たなっぴーさん、こんばんは☆
とっても楽しかったですよ~!
いやぁー、島っていいですね。
実は結構島好きでして・・・10月にも淡路島一周したんですが、
ずっと海沿いを走って気持ちいいです!!!

輪行は普段と全く違う景色に出会えるのでおすすめです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。